就活対策

future finderは怪しいの!?評判と口コミを徹底的にまとめた!

Kくん
Kくん
フーチャーファインダーについて徹底的に解説していきます。

FutureFinderとは?

無料会員登録はこちら

フューチャーファインダーとは、無料自己分析ツールになります。

このツールを利用することで自分の強みや弱みなどを中心に自己分析結果がでてきます。

さらにそれらの結果をもとに自分にあった企業や業界を紹介してくれるといった画期的な就活サービスになります。

大きく役立つ機能としては3つあげられます。

フューチャーファインダー機能

  1. 特性診断
  2. 業界診断
  3. 企業紹介

特性診断

特性診断とは心理統計学の本格的な性格診断によって、学生の性格や思考などを全てかしかすることができるデータをだすことができます。

特性分析は全部で151問あり、Part1(133問)、Part2(18問)の2パートに分かれています。

上記問いに答えることでビジネスで活かせる自分の性格やスキルなどが詳しくわかるため自分にあった企業を探す際にもかなり有効的なツールになります。

業界診断

業界診断という項目は上記の特性診断のデータ結果を踏まえた上で自分にあった企業や業界はどこなのかを教えてくれる機能になります。

自分の得意なことや考え方、特性を一番生かすことができる業界や職種などを徹底的に教えてくれるためかなり業界選びをする際に役立つ機能になります。

企業紹介

企業紹介というものは上記診断結果をもとに自分にあった企業を紹介してくれるという機能になります。

またフューチャーファインダー内にある企業より自分にあった企業を選択し、応募することもできるため、内定後のミスマッチを起こりづらくさせるといった効果もあるためオススメの機能になります。

Kくん
Kくん
イメージは下のような感じになります。。

FutureFinderのメリット

内定後のミスマッチが起こりづらい

企業からスカウトメールがくる

内定後のミスマッチが起こりづらい

フューチャーファインダーのメリットとしては内定後のミスマッチが起こりづらいという点になります。

理由としては、FutureFinderは「業界」×「適合性」という新しい切り口で、企業を探すことができる就活サービスになるからです。

リクナビやマイナビでは自分の性格や強みが活かせる企業を探すといった機能がついていません。

しかしフューチャーファインダーですと特性診断の結果をもとに自分にあった企業かどうかを点数形式で表示してくれるためかなりミスマッチが起こりにくい就活サイトかと思います。

企業からスカウトメールがくる

フューチャーファインダーに登録すると企業の人事はフューチャーファインダーの性格診断の結果などをみることができます。

その結果を見た人事が「自分の企業で活躍してくれそうだ!」と思った場合には、その企業からスカウトメールが来ることがあります。

スカウトメール経由で選考を進んだ際には内定率が高いということもあり、効率よく就活を行うことができるといったメリットもあります。

Future Finderのデメリット

メルマガが多く届く

セミナーが都会でしか開催されていない

メルマガが多く届く

フューチャーファインドに登録すると多くの企業から説明会のメールであったり、フューチャーファインダーのセミナー情報などが多数届くため、ネット上では鬱陶しいと騒がれています。

個人的には就活専用のメールアドレスを作成して、そこに就活関連のメールを集約させることをおススメします。

セミナーが都会でしか開催されていない

フューチャーファインドのデメリットの1つとして、役に立つ就活セミナーが全国主要都市でしか開催されないため、地方学生にはなかなか利用する機会が少ない可能性があります。

FutureFinder 評判と口コミ

良い評判と口コミ

学生の評判:
自己分析をする際にとても役に立つツールになります。

自己分析をする際には自分の頭の中のみで分析するのも大切なのですが、データとして自分の性格を分析し可視化することも大切になると思います。

自分の性格をデータを可視化することで自己分析をする際により効率よく作業することができます。

悪い評判と口コミ

学生の評判:
自分が志望していない企業や業界からの説明会参加のメールやスカウトメールが来るため、ちょっと残念でした。

自分の志望している業界の企業からスカウトメールが絶対に来ると思って利用しないほうがいいかと思います。

Future Finderがおすすめの学生

自己分析ができていない学生

Future Finderを個人的にオススメできる学生としては自己分析のやり方や自分の強みをしっかり把握したい学生にはかなりオススメになります。

自己分析は基本的には主観的に行うパターンと客観的に行うパターンをがあります。しっかり自己分析をするにはこの2つのパターンを加味することが大切になります。

主観的に行う際は自分で考えて自己分析をします。客観的に行う際はFuture Finderを利用することで行うことができます。

よってこの2つの自己分析をすることでより正確な自己分析をすることができます。

自分の強みを生かせる企業を探している学生

就活で大切なのは内定をもらうことではなく、そのあとの入社して社会人として活躍することが個人的には大切になります。

僕は社会人3年目なのですが、自分の性格にあった企業に入社することができたため、日々やりがいを持って社会人ライフを送っています。

これは自分の性格と企業の社風があっているというのと、自分が活躍できる業界に入社したからだと思います。そのためミスマッチを起こすことなく社会人ライフを送っています。

学生はfuturefinderなどを利用して自分が活躍できる企業を選ぶことをおすすめします。

Future Finder オススメの使い方

Future Finderのおすすめの利用方法としては複数の就活サービスを併用して利用することが個人的にはおすすめします。

具体的にオススメの使い方は就活エージェントとの併用方法になります。

就活エージェントとは無料で自分にあった企業を就活カウンターが紹介し、内定をもらえるようにES添削や面接練習&フィードバックをしてくれるといった画期的な就活サービスになります。

まずfuturefinderにて自分が活躍できそうな業界を把握します。それらを把握した後に実際にその業界の有名企業を就活エージェント経由で紹介してもらい、内定がもらえるまでの支援をしてもらうことでさらに効率よく就活を行うことが可能になります。

就活エージェントについての記事は下に記載致しました。

就活エージェントとは!?仕組みやおすすめの使い方を徹底解説! 就活エージェントとは!? 就活エージェントとは就活生に対して下のような就活支援を無料でサポートしてくれる就...

Future Finder 会員登録と退会について

Future Finder 会員登録

  1. futurefinderの会員登録をする
  2. 登録アドレスにURLが送られる
  3. 送られたURLにてログイン

Future Finder 退会

マイページの「システム設定」から「退会フォーム」を表示できます。

退会フォームを入力すれば、「Future Finder」は簡単に退会できます。

Future Finder(フーチャーファインダー)退会フォーム

Future Finder まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はFuture Finderについて徹底的に解説していきました。

簡単にまとめると下のような感じになります。

内定後のミスマッチが起こりづらい

企業からスカウトメールがくる

メルマガが多く届く

セミナーが都会でしか開催されていない

今回はこの辺で終わりたいと思います。