逆求人サービス

キミスカ適性検査が自己分析ツールとして最強すぎる!?

Kくん
Kくん
キミスカ適性検査について今回は徹底的に解説していきます。

キミスカ適性検査

キミスカとは8万人の就活生が利用する逆求人サービスになります。

このキミスカに登録すると誰でも無料で自己分析に役立つキミスカ適性検査をうけることができます。

このキミスカ適性検査を受けることで自分にあった業界や職種、企業がデータとして可視化することができるため就活生なら利用するべきツールかと思います。

キミスカ適性検査の特徴について

性格の思考が可視化される

企業からスカウトメールがくる

性格の思考が可視化される

キミスカ適性審査の一番のメリットとしては自己分析ツールとして利用することができます。

キミスカ適性診断の問題を答えることで自分の性格、強み、弱みが全て数値として可視化することができます。

  1. 性格の傾向
  2. 意欲の傾向
  3. 思考力の傾向
  4. ストレス耐性
  5. 価値観
  6. 職務適性
  7. 戦闘力

性格の傾向

まず1つめの分析結果は性格の傾向をデータとして可視化することができます。突然の出来事が起きた際に無意識に出る性格でもあります。

僕の場合ですと、平均より高い性格として、前向きで自信過剰であるということが分析結果からわかりました。

逆に、周りと強調しながら物事を進めることが少し苦手という結果がデータとしてわかりました。

意欲の傾向

2つめの項目としては意欲の傾向になります。これは何か物事を取り込む際の意欲の高さになります。

基本的には数値が高い方が何事にも意欲的で社会人として評価される傾向にあります。

意欲の傾向
  1. 向上欲求
  2. 挑戦欲求
  3. 自律欲求
  4. 探究欲求
  5. 啓発欲求
  6. 承認欲求
  7. エネルギー欲求

僕の場合ですと平均点より高い項目としては、向上意欲と挑戦意欲でした。

そのためここからわかることが向上心があり若いうちから挑戦することができる企業が自分にはあっているのではないかと感じました。

思考力の傾向

3つめの項目としては思考力の傾向になります。この項目では思考や感情を元にデータが可視化されています。

数値が高いほど初回で高い結果や能力を発揮することができます。

思考力の傾向
  1. 直感力(抽象的な事柄や概念的な本質を感覚的に捉える力)
  2. 論理力(筋道立てて思考し論理的に考える力)
  3. 実行力(具体的計画を立てて行動し、遂行する力)
  4. 共感力(他者の心理や感情を感知し、汲み取る力)

僕が平均よりも高かった要素としては直感力と論理的能力になります。

そのためある抽象的な物事を見たときにそれを論理的に頭の中で整理して考える力があるということがわかりました。

ストレス耐久

4つめはストレス耐久です。これはストレスに対する耐久性を表しています。

このストレス耐性の数値が高いと、何か困難があったとしても過度のストレスを感じることなく、解決策を見つけ出し、挑戦できるということを表しています。

僕の場合ですとストレス耐性が平均よりも低いため、ストレスに対しての耐久を鍛える必要があるということがわかりました。

価値観について

5つめは働くことに対する価値観を測定しています。本人にとっての働くことの意義や価値の傾向を表しています。

僕の場合ですと、お金を稼ぐことに重きを置いており、自己スキルや自己能力を上げることができる会社が一番あっているということがわかります。

そのため安定した職場というよりかは自分のビジネス戦闘力を上げることができる会社が自分にあっているということがわかりました。

僕はこの結果もあったため、大手企業より若いうちからいろんな仕事を任せてもらえるベンチャー企業に入社しました。

職務適性

6つめは仕事する上で要求される個性や能力のタイプ別の適性(職務適性)を測定しています。 この数値が高いほど、適性が高いということになります。

項目

職務の特性

  1. 人間関係を築いていく職務
  2. フットワークの軽さを必要とする職務
  3. リーダーシップを必要とする職務
  4. 過去に事例のない新しい職務

職務の特性

  1. 反復・継続的な職務
  2. 企画力や創造力を必要とする職務
  3. 丁寧さ注意深さを必要とする職務
  4. 情報を集め問題を分析する職務

僕の場合ですと、過去に事例のない新しい職務、フットワークの軽さ、企画力や創造力を必要とする職務、情報を集め問題を分析する職務が平均よりも高いということがわかりました

ここから情報収集をしっかり行い、新しいことに調整することができる環境が自分にあっているのではないかということがわかりました。

戦闘力

7つめの戦闘力という項目は主要な資質要素を掛け合わせた総合力を 測定し、ビジネスにおける戦闘力の高さを 表します。

そのため戦闘力が高いほど、企業で活躍することができる優秀な人材になる確率も高いということがわかります。

まとめ

上記全ての項目結果からキミスカよりコメントをもらえます。上記コメントより自分の性格や弱み、強み、自分にあった企業や業界、職種を選択する際にかなり参考になるため就活の際にはぜひこの機能を利用することをおススメします。

企業からスカウトメールがくる

キミスカの特徴としては上記診断結果とキミスカ内に記載したプロフィール内容を見た企業の人事から「ぜひ選考に来てください!」といったスカウトメールがきます。

そのためリクナビやマイナビのように自分から企業に応募するのではなく、企業から学生をスカウトするといった効率のよい待ちの就活スタイルを取ることができます。

キミスカの評判や口コミについて徹底的に解説してみた! https://syuukatsu.site/gyakukyuujin-howto/ キミスカについて(特徴) キミスカ...

キミスカ適性診断 オススメの使い方

キミスカ適性診断のオススメの使い方は自分の突き出た強みを発見するということです。個人的には通知表で平均の科目を得意に伸ばすより、得意科目をもっと得意にする方が圧倒的に社会に出て役に立ちます。その圧倒的得意がその人の個性にもなります。

そのためキミスカ診断でも平均よりも高い能力や強みをしっかり可視化し、その強みが生かすことができる企業を選ぶことで将来活躍することができるかと思います。

僕の場合ですと、行動力がいちばんの強みであったため、それが生きる成長の著しいベンチャー企業があっているとわかりました。

その甲斐もあり今も社会人2年目としてかなり充実して働けています。

キミスカ適性検査 手順

  1. キミスカの会員登録をする
  2. キミスカのホーム画面よりキミスカ適性検査を受ける
  3. キミスカ適性検査の結果を見る

検査は150門の問いに答えることで診断結果を見ることができます。具体的な問題の一例は下のような感じになります。

キミスカ適性検査 まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はキミスカ適性検査について解説していきました。

簡単にまとめると下のような感じになります。

キミスカ適性検査でわかること

  1. 性格の傾向
  2. 意欲の傾向
  3. 思考力の傾向
  4. ストレス耐性
  5. 価値観
  6. 職務適性
  7. 戦闘力

今回はこの辺で終わりたいと思います。